笑顔と自然の共存!都会の喧騒から離れた西表島のカヌーツアーを満喫

カヌー

西表島のカヌーツアーが子供にとってプラスの体験となる理由

西表島のカヌーツアーはお子様連れも気軽に参加できるファミリー向けタイプのものがあります。カヌーとなればお子様にはちょっと危険ではないかと心配される方もいらっしゃるでしょうが、むしろ子供たちにとってかけがえの無い体験となる事が期待出来るのです。
西表島でお子様がカヌーツアーに参加することの意義。それは生きる力につながる自然体験が出来るということです。普段アスファルトの上でしか過ごしていないというお子様も、西表島での活動であらゆることに気づくことでしょう。例えばジャングルの中をトレッキングする際にはどこに手や足を置けば安全に移動できるのか?最初こそガイドの指示で慎重に進むお子様が、いつの間にか自分の力でスムーズに足場を探しながら前へと進む成長をその日のうちに遂げることでしょう。全身を使って行うバランス感覚や自分が安全に進むための判断能力など、このような自然との体験が、将来への心と体に影響を及ぼすことは間違いなく、かけがえの無い人生経験となるのです。
現代の子供たちに必要なのは自立性と積極性と協調性であると言われております。豊な心を育てるためにも、日常生活とはかけ離れた西表島カヌーツアーでの自然体験をさせてみてはいかがでしょうか?

西表島のカヌーツアーで履ける靴と履けない靴

いざ西表島のカヌーツアーにチャレンジというときに、服装はしっかりと整えたものの足元のことをお忘れではないでしょうか?ツアー参加の際には靴の制限がある場合がほとんどですので事前に確認しておきましょう。
まず一般的に西表島のカヌーツアーで履くことができない靴について紹介します。まずは女性のミュールやパンプスです。オシャレしたいお気持ちはわかりますが、アウトドアを楽しむには大変危険ですので避けましょう。次はつま先とかかとが出るタイプの最近主流のサンダルです。非常に便利な履物ではありますが、カヌーツアーは基本的に濡れてしまうことが多いため危険なことがあります。一部のツアーでは靴下を着用すれば可という場合もありますので確認しましょう。もう1つはビーチサンダルです。これも前述同様の理由でツアー中は使用できません。
では一方でツアーで履ける靴は、スニーカーやダイビングシューズ。マリンシューズにマリンブーツで、靴底が柔らかく濡れても汚れても良い靴が使用可能となります。とは言え多くのカヌーツアー業者ではマリンシューズのレンタルを行っておりますので、それを利用するのも良いでしょう。
西表島の大自然を堪能するならば断然カヌーツアーの参加はオススメです。ルールやマナーを守って楽しい旅を満喫してください。

西表島のカヌーツアーは雨の日こそ楽しめることがある

西表島へ遊びに行っても天気予報は雨。となればアウトドアは楽しむことは出来ず、せっかくカヌーツアーに参加しようと思っても中止にしようかな?と諦めムードになっていませんか?実は西表島のカヌーツアーは雨の日こそ楽しめる内容があるのです。
多くのカヌーツアーを提供している業者では雨の日でも対応出来る無料レンタル品を揃えております。カッパはもちろんですが防水バッグを貸し出してくれるのです。さらに付き添いのガイドさんが防水カメラを装備しておりますので思い出の写真もしっかりと収めることが可能。では雨の中カヌーツアーで見られるとっておきの景色とは何なのでしょうか?
まずは雨の中、静かな川をカヤックで進みます。その時点でおとぎ話の中に入り込んだような幻想的な風景を楽しめます。そしてたどり着くのが名所であるピナイサーラの滝です。実はここ、雨の日の場合は水量が爆発的に増え大迫力の流れを堪能出来るのです。その景観は晴れの日では決して味わえない視覚だけではなく音でも感じることが出来る自然の神秘。まさに絶景であります。そのほか、ジャングルトレッキングでも普段は見られない生物が顔を出したり、いつもよりさらにプラスするマイナスイオン効果も期待できます。雨でもしっかり楽しめるのが西表島のアウトドアなのです。